あなたの不用品が子ども達の命を救い地球環境を守ります
あなたの不用品が子ども達の命を救い地球環境を守ります
 

寄付物資の集荷事例と募金・支援活動

このページでは皆様から集荷させて頂いた物資を紹介させて頂きます。 また私達が募金・寄付で支援させて頂いている、環境保護・災害支援(大震災等)・食糧支援・医療支援等を行われているNGO・基金等についても、紹介させて頂きたいと思います。





寄付物資の集荷事例と募金・支援活動

小学校に寄付物資を届けた際の画像です。16校のうちの1校目です。

小学校に寄付物資を届けた際の画像です。2校目です。こちらの学校も生徒が多い

小学校に寄付物資を届けた際の画像です。3校目です。制服が青・紺に統一されている学校です

4校目の小学校への寄付です。生徒数は少なめです。

子ども達が「ワールドギフト様」と記載した紙を持って撮影してくれました。

小学校に寄付物資を届けた際の画像です。青と赤色の制服の小学校です。

子ども達は手をあげて寄付物資に喜んでくれています。

物資を先生に手渡しています。

寄付時、子ども達との撮影です。









いつもワールドギフトのホームページをご覧頂き、ありがとうございます。

バングラデシュ国パートナー社会支援団体のご協力の下、メヘルプール県ムジブナゴール郡モハジョンプールユニオン及びモナカリユニオンの計16校の公立小学校にて文房具や軍手、ぬいぐるみ、タオル・ハンカチ等の寄付を行いました。
メヘルプール県(Meherpur District)
※画像はクリックすると大きく見れます

当初、小学校2校への寄付を予定しておりましたが、現地行政機関のご協力により16校へ寄付させて頂く事が可能となりました。
今回は現地パートナーによる調査、行政機関の協力、調整、寄付に至るまでの経緯・報告を記載させて頂きます。

------------------------------------

<背景>
国際社会支援推進会(ワールドギフト)からの支援(文房具等の教育支援物資)を受け、そのニーズを地元の行政機関 (ユニオンポリショッド:平均3万人を管轄する役所)の職員代表(ユニオン書記官)とともに協議しました。
とりわけ小学校にてそのニーズが確認され支援を行うに至りました。

また、当初検討していた小学校2校だけでなく、地区の小学校すべてにおいて極めて貧しい生徒がいるとの報告を、各地区の 学校代表から改めて受けたため、詳細な事情を把握するための聞き取り調査を再度行いました。

その結果を地域全体(行政、学校職員、住民)で共有し、各学校への寄付提供が適性であると地域の総意で判断されたため、当初の計画を 変更、各学校それぞれの先生方に生徒を選出いただき、その結果を各学校自身でリスト化、裨益者への確実な支援ルートを全体で 確認、確保した後に、2014年12月4日(木)メヘルプール県ムジブナゴール郡モハジョンプールユニオン及びモナカリユニオンの 計16校の公立小学校にてご贈呈式を行うことが決まりました。


<結果>
本件のプロセスを通じて、貧しい家庭の子どもたちへの教育支援だけでなく、地域全体のコミュニケーション能力と信頼関係の 向上に貢献することが出来ました。
ただ配布をするのではなく、地域行政と住民をその過程に巻き込むことで、このような支援物資の影響力と効果を地域全体で 高めることが出来る。
このような支援事業を通じた地域全体のコーディネーション能力(コミュニケーション能力)とそれらのプロセスを通じて 獲得できる信頼関係の構築に対しても本件は大変に有意義でした。


<所感>
当日は、地元の行政官にも参加してもらいました。
ボールペンを握りしめ、嬉しそうに微笑む子どもたちの姿を見ていたらそれだけでも立派に意義があると感じました。
また、学校によっては、生徒のお母さんたちが自然と集まり、目を潤ませながらその様子を眺めていたことも印象的でした。

昨今、国際協力の分野では物だけを与える支援の形は、地元の自発性を損なうだけ、と非難の対象にされがちですが、それは 現場のアレンジの仕方ひとつでその効果を最大限引き延ばすことができると思います。
みなさまからの貴重な大切な思いが詰まったご提供の品々とそれに伴う善意を現場にいる私たちのような者が活かさなくては ならない、そのための現場要員は常に最大限の費用対効果を考えることが使命であると考えております。

今回はそれを行政と住民を巻き込むという形で実現しました。
今後ともワールドギフトさまとの協力関係により現場で最大限みなさまの声と現場の声をつなげる橋渡し的な存在として、 その役割を常に最大限努めることができるよう努力して参ります。

このような素晴らしい機会をご提供頂きました日本のみなさま、そしてワールドギフトのみなさまには心から感謝いたしております。 これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。
























寄付実績&NEWS

お問い合わせ
  • ■2017年6月
  • 交通遺児育英会 に寄付致しました
  • ■2017年6月
  • JCV(ワクチン募金)に寄付しました
  • ■2017年6月
  • WWFジャパン(世界自然保護基金)に寄付しました
  • ■2017年6月
  • 日本赤十字社(東日本大震災義援金)
  • ■2017年6月
  • 国際連合世界食糧計画WFP協会 に寄付しました
  • ■2017年6月
  • ドイツ国際平和村 に寄付致しました
  • ■2017年6月
  • 国境なき医師団 に寄付しました



フッターナビゲーション

2016.11.13 更新