あなたの不用品が子ども達の命を救い地球環境を守ります
あなたの不用品が子ども達の命を救い地球環境を守ります
 

寄付物資の集荷事例と募金・支援活動

このページでは皆様から集荷させて頂いた物資を紹介させて頂きます。 また私達が募金・寄付で支援させて頂いている、環境保護・災害支援(大震災等)・食糧支援・医療支援等を行われているNGO・基金等についても、紹介させて頂きたいと思います。





寄付物資の集荷事例と募金・支援活動


北九州市役所の出張防災センター


北九州市役所の出張防災センター


北九州市役所の出張防災センター


福岡大学


福岡大学


福岡大学


福岡県庁


福岡県庁


福岡県庁


益城町


益城町


益城町

いつもワールドギフトのホームページをご覧頂き、ありがとうございます。

「熊本地震被災地支援について」
私たちも含め、多くの方が好き勝手に熊本県内被災地に支援物資を持ち込む事は、現地の混乱を招き、本当に物資を必要とされている 方々に効率的にお渡しすることが困難になります。
私たちは福岡県内に設置された支援物資集積所の3箇所に物資を届けさせて頂きました。
※4/23 土曜現在。
※物資は全て、皆様からご提供頂いた物です。

以下、担当スタッフからの報告です。

------------------------
「それぞれの持ち込み場所での現状を報告いたします。

最初に持ち込ませて頂いたのは北九州市役所です。
私がトラックで乗り入れた際、二台の乗用車が先に荷下ろししておりました。
二台とも乗用車で救援物資を持ち込まれていました。
厚かましいとは思いましたが、中身をお聞きしたところカップラーメンとペットボトルの水という事でした。

私たち同様、事前に何が必要とされているかを問合せられていました。
真剣な表情で荷物を降ろしている姿に、被災された方々への深い思いを感じました。


必要とされている品物は、こちらです。
(日々変動し、打ち切られる物もありますのでご注意下さい)

・ペットボトルの飲み物全般
・トイレットペーパー
・子供用、大人用オムツ
・未使用タオル
・生理用品
・マスク
・カップラーメン
・インスタント味噌汁
・ウエットティッシュ
・おしり拭き
・粉ミルク
・ベビーフード
・歯ブラシ
・歯磨き粉
・ペットフード

荷受け現場では、消防署員さん達と市役所の職員さん達が一体となり、協力しあって支援物資を運ばれていました。
支援物資をお渡しした際、市役所の職員の方が、深々と長い時間頭を下げてくださいました。
その姿に心を打たれ、涙が出そうになりました。


2箇所目の支援物資集積所は福岡大学です。
こちらでは、先生と学生が一緒に荷受けされていました。
支援物資をお渡しする際、 「ありがとうございます」と大きく元気な声で、走ってこられ、荷下しを手伝って下さいました。
大学・学生という事もあり、先に伺った市役所とは全く異なる雰囲気の集積所でした。


3箇所目の支援物資集積所は福岡県庁です。
私が到着した時、雨が降っていましたが、多くの方々(5台の車)が持ち込んでおられました。

職員の方に「今すぐ優先的に必要な物は何ですか?」と問い合わせた所、「ウエットティッシュとインスタント味噌汁です」という回答でした。
しかし、この優先的に必要な物は日々変わりますのでご注意ください。
これは4/23 土曜日 県庁の集積所においての状況です。

こちらの県庁で被災地の被害状況を撮影した写真が掲載されていましたので、撮って参りました。


今回、私たちが支援物資集積所に物資を届ける事ができたのは、物資をご提供下さっている皆様のおかげです。
集積所の物資は、各避難所等からの要望に応じ届けて下さいます。
ありがとうございました。

------------------------



益城町


益城町



寄付実績&NEWS

お問い合わせ
  • ■2017年10月
  • WWFジャパン(世界自然保護基金)に寄付しました
  • ■2017年10月
  • 日本赤十字東日本大震災支援 に寄付致しました
  • ■2017年10月
  • JCV(ワクチン募金)に寄付しました
  • ■2017年10月
  • 国際連合世界食糧計画WFP協会 に寄付しました
  • ■2017年10月
  • ドイツ国際平和村 に寄付致しました
  • ■2017年10月
  • 交通遺児育英会 に寄付致しました
  • ■2017年10月
  • 国境なき医師団 に寄付しました



フッターナビゲーション

2017.10.6 更新