あなたの不用品が子ども達の命を救い地球環境を守ります
あなたの不用品が子ども達の命を救い地球環境を守ります
 

寄付物資の集荷事例と募金・支援活動

このページでは私達ワールドギフトが支援提携を行なわせて頂いている社会支援団体「ドイツ国際平和村」様より頂いた活動報告を掲載させて頂きます。
「ワールドギフト様のお客様方にご覧頂いて下さい」と支援に対する感謝の言葉と共にこれまで同様に掲載画像は御提供くださいました。





寄付物資の集荷事例と募金・支援活動















平和村様からワールドギフト(&そのお客様方)宛に送って下さったお手紙の内容を下記に記載致します。

----- お手紙より -----
ワールドギフト国際支援推進会のご支援者皆様へ

この度もドイツ国際平和村の活動にご協力くださり、誠にありがとうございます。
ドイツ国際平和村のスタッフ一同ならびに子どもたちに代わりまして、心より御礼申し上げます。
お気持ちをしっかり受け止め、子どもたちのために大切に使わせて頂きます。

毎年9月1日は、ドイツにとって特別な日です。
1950年代に、この日を「反戦の日」としようという動きがあり、定着していきました。
1939年のこの日、ドイツ軍がポーランドに侵攻し、第2次世界大戦が始まりました。

ドイツ国際平和村は、この反戦の日に際し、毎年チャリティウォーク&ランを開催しています。
施設に滞在中の子どもたちも、施設の周りを一周し、「平和」への意志表示をします。
今年も、子どもたちは、友だちと手をつなぎ、ハートや鳩のプラカートを掲げ、大きな声で「平和」と大合唱しながら、歩いていました。
このチャリティウォーク&ランに参加した人々は、雲と青空がきれいな秋晴れの中、スポンサーとして支援してくださっている 人々の気持ちとともに、楽しくラン、または歩くことができました。

ドイツ国際平和村のお祭り「ドルフフェスト」に、近隣から、また、遠方からも多くの皆さんがお越しくださいました。
このドルフフェストから、今年のパケットアクション活動が始まりました。
これは、アルメニア、ナゴルノ・カラバフ、そしてタジキスタンの困窮にある人々への援助活動です。
今もなおこれらの国々では生活に苦しんでいる人々がいます。
この活動によって、日持ちのする食料品などが詰められたダンボール箱が、厳しい冬を乗り越えるための糧になるだけでなく、 人々に勇気と希望を送ることにもつながっています。

ドイツにおける社会・政治変 化によって、ドイツ国際平和村新たな課題を抱えておりますが、今後もより多く子どもたちために 活動を続けてまいります。
日本国内外にいらっしゃる多くの皆様、そして国際支援推進会の皆様の長期にわたるご支援に心より感謝申し上げます。



(写真提供:ドイツ国際平和村





寄付実績&NEWS

お問い合わせ
  • ■2017年2月
  • WWFジャパン(世界自然保護基金)に寄付しました
  • ■2017年2月
  • ドイツ国際平和村 に寄付致しました
  • ■2017年2月
  • 交通遺児育英会 に寄付致しました
  • ■2017年2月
  • 日本赤十字社(東日本大震災義援金)
  • ■2017年2月
  • 国際連合世界食糧計画WFP協会 に寄付しました
  • ■2017年2月
  • 国境なき医師団 に寄付しました
  • ■2017年2月
  • JCVワクチン募金 に寄付しました



フッターナビゲーション

2016.11.13 更新