あなたの不用品が子ども達の命を救い地球環境を守ります
あなたの不用品が子ども達の命を救い地球環境を守ります


物資の再利用活動・社会支援活動













貧困層の方々が住む集落の様子を少し載せてみました。

@ 6人の子供を育てているシングルマザーのお宅です。
家の中も土で外と同じ環境です。
仕事は夜にほうき?のような物を作って、昼間に離れた町で売り歩いています。
子供たちのために、とても頑張っているお母さんです。
この家庭だけでなく、世界にはたくさんの頑張っているお母さんたちがいます。
頑張っている子供たちがいます。
そして、そういった人たちを支援している方々もたくさんいます。
多くの国の貧困層地域では、ご近所・親戚・地域の方々の絆はとても強いです。


A 家の中の様子です。この子の家はこの地域ではまだ良い方です。
板などを敷いただけですが床があります。
たいていの家は土間です。
貧困の度合いにもよりますが、土の上に段ボールを敷いて寝たり、シーツがあればシーツを敷いて寝たり。
布団1枚という場合もあります。(特にシーツは洗ったり干したりもしやすくとても喜ばれます)
雨や風が強ければ水浸しになりますし、台風が来ると家のトタンなどが飛ばされたりします。


B この地域の一般的な台所です。
ガスコンロなどありません。
集めてストックしてある木を燃やして料理します。
こちらも雨風が強い日は大変という事です。
アルミ鍋やフライパン、ヤカンなどはとても貴重です。


C こんな所にあります。
山の中の川の周辺にできた集落です。
子供たちが立っている階段状の所は非常に危険です。
足を踏み外すと数メートル下の川(浅い)に転落する崖のような所です。
雨の日はさらに危険度がUPします。


D 家の外観はこんな感じです。
ほとんどの家が木の板とトタンでできています。
ブルーシートやブロックも見られます。

左上の写真でわかるように、あちこちが崖のようになっています。
子供が転落したりすることもあるという事です。

その他の画像は、インスタグラムに日々掲載しております。
Instagram

また、フォトギャラリーページにも日々、画像を載せていきます。



寄付実績&NEWS

お問い合わせ
  • ■2018年7月
  • 日本赤十字 東日本大震災支援に寄付
  • ■2018年7月
  • ドイツ国際平和村に寄付
  • ■2018年7月
  • WWFジャパン(世界自然保護基金)に寄付
  • ■2018年7月
  • 交通遺児育英会に寄付
  • ■2018年7月
  • WFP協会 国際連合世界食糧計画に寄付
  • ■2018年7月
  • JCV(子供ワクチン)に寄付
  • ■2018年7月
  • 国境なき医師団に寄付



フッターナビゲーション

2018.3.31 更新