あなたの不用品が子ども達の命を救い地球環境を守ります
あなたの不用品が子ども達の命を救い地球環境を守ります


物資の再利用活動・社会支援活動

























フィリピン貧困層地区の方々へ。
大人の方には、タオル、石鹸、赤ちゃん用品など、生活用品を寄付しました。

子供たちにはぬいぐるみ、おもちゃ、靴などを寄付。 皆さんとても喜んでくれています(*^_^*)

世界各地より、ベビー用品・子供用品の需要が非常に高まっています。

ベビー用品ではベビー服、粉ミルク、紙おむつが特に不足しています。
また、哺乳瓶、ベビー布団、赤ちゃん用のおもちゃ、抱っこひも、マタニティー服など。

子ども用品では子供服、ボールなどの遊び道具、ぬいぐるみ、靴やサンダル、ランドセル、幼稚園バッグ、その他学用品。
日本からの支援はとても喜ばれています。

暑い国や暑い場所だけではありません、世界には時期ごとに寒い国や年間を通じて朝晩が冷える高地地域が沢山あります。
衣料品は夏物でなくても結構です。

フィリピンのように首都マニラなどのイメージで「暑い国」というイメージがある国であっても、高地の支援先が多くあります。
そこでは1年中朝晩は長袖服を使用できますし、冷える日はジャンパーなどの厚い冬服も使用します。

それ以上に、アフリカ大陸も「黒人が多い」「砂の大地」「サハラ砂漠」「エジプト」などのイメージから、暑い国というイメージがありますが、そうではありません。
南半球には冬場(日本の夏)氷点下になる国もいくつもあります。
また、赤道付近であっても標高が高い国が多く、1年中長袖服を使用できる国や場所が非常に多くあります。
途上国では冷暖房など無い所がほとんど、また日本のようなしっかりした家では無いので、小屋のような家の中は密閉性が低く、夜〜朝も家の中だから温かいという事ではありません。


その他の画像は、インスタグラムに日々掲載しております。
Instagram

また、フォトギャラリーページにも日々、画像を載せていきます。



















寄付実績&NEWS

お問い合わせ
  • ■2018年7月
  • 日本赤十字 東日本大震災支援に寄付
  • ■2018年7月
  • ドイツ国際平和村に寄付
  • ■2018年7月
  • WWFジャパン(世界自然保護基金)に寄付
  • ■2018年7月
  • 交通遺児育英会に寄付
  • ■2018年7月
  • WFP協会 国際連合世界食糧計画に寄付
  • ■2018年7月
  • JCV(子供ワクチン)に寄付
  • ■2018年7月
  • 国境なき医師団に寄付



フッターナビゲーション

2018.3.31 更新