あなたの不用品が子ども達の命を救い地球環境を守ります
あなたの不用品が子ども達の命を救い地球環境を守ります


物資の再利用活動・社会支援活動





















田舎村への寄付と医療支援。

町のお医者さんにご協力頂きました。
ウガンダ田舎村の大人たちを医療支援。
診察・健康相談を行って頂きました。

近くに病院などは無いので、皆さんとても喜んで下さいました。
「継続は力なり・・・」という言葉どおり、続ける事が何よりも大事。

ランドセルや衣類などの寄付もとても喜んでくださっています。

この村では、多くの大人の男性たちは、村を離れ遠い町へ出稼ぎに。
以前は、残された村人たちに元気はありませんでした。

ボールやおもちゃなどの継続支援により、子供たちはみんな楽しく遊び、笑い声が絶えない村になりました。

また、台所用品、日用品など、「支援物資をどうやって使おうか?」 と、村人たちは集まって話し合いをする機会も増えました。
「日本の皆さんのおかげで村の雰囲気がとても明るくなった!」と、喜んでくださっています。

この現象、同様の嬉しい言葉を、支援先の各国各地より、沢山いただいています(*^_^*)
「日本の支援に頼ってるだけじゃダメだ自分たちでも何かやろう!」 と、 1年ほど前に現地スタッフに加わった2名の若者を中心に、村人たちは荒れ地を開墾し、農作物を育て始めました。

また、最近では鶏を飼育し玉子を町へ販売する事業を考え、開始しました。
まだ数十羽の小さな養鶏、開始してすぐに鶏たちが病気になったり、簡単に進んではいません。

「10年かかるか20年かかるかわからないが、いつか男性たちが出稼ぎに出なくても、村で仕事が成り立つようにしたい」 と目標を持っておられます。

「自分たちの事を心配してくれている、継続して助けようとしてくれているという日本の存在はとても心強く、自分たちも頑張ろうと前向きにさせてくれる」と、とても喜んで下さっています。

日本では、使われなくなった「まだ使える不用品」は、大掃除・断捨離で沢山ゴミとして処分されてしまいます。
もったいない・・・ できるだけ多くの不用品を再利用したい。

そして、再利用活動を通じ、より多くの支援に役立てたい。
日本の「まだ使える不用品」には、ほんの少しづつであっても確実に、世界を良くしていけるパワーがあります。

寄付スライド動画



その他の画像は、インスタグラムに日々掲載しております。
Instagram

また、フォトギャラリーページにも日々、画像を載せていきます。





寄付実績&NEWS

お問い合わせ
  • ■2019年5月
  • ワクチン支援寄付
  • ■2019年5月
  • WWFジャパン(世界自然保護基金)へ寄付
  • ■2019年5月
  • 日本赤十字 東日本大震災支援へ寄付
  • ■2019年5月
  • WFP協会 国際連合世界食糧計画へ寄付
  • ■2019年5月
  • 国境なき医師団へ寄付
  • ■2019年5月
  • 交通遺児育英会へ寄付



フッターナビゲーション

2018.3.31 更新