あなたの不用品が子ども達の命を救い地球環境を守ります
あなたの不用品が子ども達の命を救い地球環境を守ります


物資の再利用活動・社会支援活動

























フィリピンの山中にある集落を支援。

いつでも使える、いろんな使い方ができる。
タオルやバスタオル・ひざかけ毛布などとても喜んで下さっています。

女性たちに、調理器具など台所用品を寄付。
フライパンやヤカンなどの各地からの需要が多く、不足しています。

色えんぴつやクレヨンなど、子供たちは文房具が大好きです(*^_^*)
文房具の中でも、こういった贅沢品は、簡単に手に入れる事ができない貴重な物品です。
世界中の子供たちから望まれ、常に不足しています。

動きやすい靴やサンダルは世界中の方々に望まれています。
名前を書かれた靴であっても、マジックで塗りつぶしておいて頂ければ十分です。
お子様の学校の卒業、サイズが合わなくなった靴やサンダル(長靴も)、程度が悪くない物はできるだけ再利用して欲しい。

ランドセルやリュックなど、両手が自由に使えるカバン類は、足場の悪い環境ではより能力を発揮します。

日本の子供たちの成長を6年間見守って来たランドセル。
まだまだ役目を終えてしまうにはもったいない。
思い出のランドセルは、ずっと大切に保管し続けておいていただくか、または処分せずに再利用して欲しい。

※中学・高校で使用された通学バッグ、サブバッグ、幼稚園バッグも出来る限り再利用したい物品です。
これら3種も、わずか2・3年しか使用されていないにも関わらず、日本では捨てられてしまう物が多 いようです。
出来る限り、再利用して欲しい。

おもちゃや衣類などの日用品や、ヘルメットなどまで、様々な物を使ってくれています。
なぜかヘルメットは各地で人気です。
オモチャとして使用されたり、おしゃれ?仮装?用途は様々です。

ボールは1つあればみんなで遊べます(*^_^*)
ボール類は世界中の子供たちに望まれています。
ドッジボール、バレーボール、バスケットボール、サッカーボール、ラグビーボール、その他ボール類は常に不足しています。

貧しくても人々は助け合い、皆家族のように仲良く暮らしています(*^_^*)

男性たちは出稼ぎに出たり、町で働きわずかな所得を得ても、1日わずか数百円程度の所得は家族が生きて行くためにとても十分ではありません。

この集落は継続支援は3年目、物品支援は富裕層では無い方々の家計を助けています。

日本の皆様の物品が活躍しています。

スライド動画@はこちら

寄付スライド動画Aはこちら



その他の画像は、インスタグラムに日々掲載しております。
Instagram

また、フォトギャラリーページにも日々、画像を載せていきます。









寄付実績&NEWS

お問い合わせ
  • ■2019年10月
  • WFP協会 国際連合世界食糧計画へ寄付
  • ■2019年10月
  • ワクチン支援寄付
  • ■2019年10月
  • WWFジャパン(世界自然保護基金)へ寄付
  • ■2019年10月
  • 日本赤十字 東日本大震災支援へ寄付
  • ■2019年10月
  • 交通遺児育英会へ寄付
  • ■2019年10月
  • 国境なき医師団へ寄付



フッターナビゲーション

2018.3.31 更新