インドネシア食糧支援と可愛い物寄付

インドネシア食糧支援
と可愛い物寄付

インドネシア食糧支援と可愛い物寄付

インドネシアの失業した人々へ食糧支援

インドネシアの職を失った方々へ食糧支援。

観光業に依存していた地域では、間接的にであってもそれに関する仕事をされていた方々がとても多い。

そんな方々の多くが失業しています。

元の仕事に戻れるのか?

戻れるとしたらいつ戻れるのか?

親族が助け合っている事が多いですが、先が見えない暮らしに、貯蓄などがほとんどない人々はこれから益々生活は苦しくなっていく見込みです。

インスタグラムでもこの記事を投稿しています。
→ こちら

可愛い物が好きな子供たち靴寄付

可愛い物が大好き(*^_^*)

テレビなど見れいない生活、何のキャラクターか知らなくても、絵やキャラクターが書かれた物やカラフルな物が大好きです。

キーホルダーや折り紙、おもちゃのアクセサリーなども大好きです。

裸足で暮らす子、サンダルで暮らす子たちにとって、靴はとても貴重なプレゼント。

インスタグラムでもこの記事を投稿しています。
→ こちら

文房具寄付など

学校へ通う子供たち。

トーゴスタッフは町への外出時にもカバンに小物を入れて出かけます。

道中で偶然出会った貧困層の子供たちに、わずかながらプレゼントを渡す事があります。

時には文房具、また別の機会には小さなおもちゃ缶バッジ、ストラップやキーホルダーなども。


この子たちにはその時もっていた鉛筆・消しゴムを。

たかが鉛筆、消しゴムと考えられるかもしれませんが、農村部の方々など所得がわずかしかないご家庭の負担を助ける事になります。


ボロボロの履物や裸足で通学する子、不織布や土のう袋のような袋を通学鞄にしている子も多くいます。

インスタグラムでもこの記事を投稿しています。
→ こちら

SDGsへの取り組み

笑顔がかわいい(*^_^*)

日本中のご自宅の不要品の多くは、捨ててしまう事も簡単な物です。

まだ使える多くの物が処分されてしまい、二度と誰にも見る事も使われる事もなくなります。

燃やされてしまった物は世界から消えてしまいます。

当たり前の事ですが、何か寂しい・・・・


サイズが合わなくなった靴や服でも、子供が成長して使わなくなったおもちゃや子供用品でも、買いかえて不要になったキッチン用品やタオルなども、気づいたら置き場に困るほど増えていたぬいぐるみも。

誰かにとっては家にあると邪魔で困る物でも、別の誰かにとっては欲しい物であったり、ごみになったりしない物である物が多くあります。

そんなゴミになるべきではないモノたちを、再利用できる日本にみんなで変えて行きたいです。


見て下さっている皆様や、フォローして下さっている皆様は意識が高い方々です。

そうでないと、写真をチラッと見て下さったとしても、ここまで書いたヘタなコメントを読んで頂けませんので(>_<)

リサイクルショップや転売アプリ、地域やスーパーなどでの資源収集や寄付、、、、物の手放し方は捨てる事以外にもありますので、我が家でできる範囲で使わなくなった物の再利用を実践して頂きたいです。

SDGsへの取り組みは、小さな事から。

インスタグラムでもこの記事を投稿しています。
→ こちら

ガンビアの子供たちに寄付

遠く離れた西アフリカ、ガンビアの子供たち。

走り回って遊ぶ事も好きですが、お絵かきも大好きです。

色鉛筆やクレヨン、書ける紙(ノートやお絵かき帳、ぬり絵など)も望まれています。


ドラゴンボールやNARUTO、日本のアニメキャラクターなど上手に描いてくれました(*^_^*)

ぬり絵は、色を塗っておわり、、、、ではなく、子供たちにとってのお手本にもなります。

紙が無い時は土の上に描いたり♪

インスタグラムでもこの記事を投稿しています。
→ こちら

タンザニアでの安全な水支援

タンザニアで昨年開始し、現在も継続中の「安全な水支援」

村人たちの生活を支えています(*^_^*)

新鮮な水を随時補給し、定期的にタンク設備の内部清掃を行っています。

井戸端会議♪

※その国で生活用水としての使用が推奨されている基準を満たした水、水道局が提供する水を「安全な水」と呼んでいます。

川や湿地の水、定期的に保守管理されていない(又は管理されていても水質が基準を満たしていない)井戸水を危険は危険な水と呼んでいます。

インスタグラムでもこの記事を投稿しています。
→ こちら

子供服も大人服も衣類寄付

子供服も大人服も(*^_^*)

定職を持たない人々、所得がわずかない人々にとっては日用品・消耗品を買い続ける事が家計の負担になっています。

家計を助ける支援、喜ばれています。


薄手の長袖服が衣類の中では集まり難い物です。


分厚い真冬の服は、個人の方のご家庭の物でしたら同梱して下さい。

企業、店舗在庫など大量の場合は避けて下さい。


手袋、マフラー、ニット帽、ひざ掛け毛布はとても需要があり、集まり難い物ですので常に不足しています。

靴下とパンツにいては未使用品のみ扱わせて頂く用にしております。

上半身に使用する下着は中古品でも使用できます。

インスタグラムでもこの記事を投稿しています。
→ こちら

ワールドギフト 寄付事例・海外画像など

ワールドギフトの公式SNSアカウントです。フォロー・応援をよろしくお願い致します。

Back to top

あなたの支援・ご協力が必要です!
WE NEED YOUR SUPPORT & COOPERATION

寄付金で支援
DONATION

詳細はこちらから

不用品で支援
REUSE

詳細はこちらから
COPYRIGHTS © 特定非営利活動法人 ワールドギフト ALL RIGHTS RESERVED