農業を頑張る男の子、水筒やカバン

農業を頑張る男の子
水筒やカバン

農業を頑張る男の子、水筒やカバン

リベリアの男の子が農業を頑張っている

リベリア(西アフリカ)の農村です。
村の農業は女性たちや子供たちが主となって行われています。
男性たちの多くは遠い都会へ出稼ぎへ行き、キツイ仕事をして家族を養っています。
村の農業に賃金はありません。
村の事業である農業は、村人たちがギリギリでも食べていけるように、自分たちで食べる物とわずかながら買い取ってもらい、それを村の所得とされています。
孤児や障害を持つ人たちや、未亡人の方、働けない高齢者、貧困の度合いが酷い家庭を助けるために使用されています。
水害や不作で農業が上手くいかなかった時が村の危機。
「健康で文化的な最低限度の生活」とは無縁で、保障などが無い社会では、村の中で助け合って生きて行く事が不可欠。
子供たちも農業では重要な役割を担っています。
日本の感覚で言うと、「子どもなのに働かされて可哀そう・・・」に見えるかもしれません。
しかし、所得を得る事が難しい環境、貯蓄など無い生活、食べて行くことが確実ではない不安がある生活をしている農村では、子供たちは家族を助けたい、村のために仕事を手伝いたいと望んでいる子が多いようです。
子供たちは大人たちから助け合う事の大切さや、農業も含め、生きて行くために必要な事を教えられています。
動画は、落花生の種まきの様子です。
この子は農業を手伝うのが大好き。
強制されたりしていませんが、誰よりも良く働く子という事です。
「自分が頑張れば、村のみんなを助けられる、、、、自分が頑張って村を豊かにしたい。」と、まだ小さな子なのに使命感を持ち、みんなのために自分が努力する事を惜しまない子です。
インスタグラムでもこの記事を投稿しています。
→ こちら

水筒やバッグ使ってくれて

水筒やカバン、使ってくれています(*^_^*)
どこにでも水道水が無い生活、安全な水が飲めない場所への外出時に、水筒はとても役立ちます。
ランドセルやリュックサックはもちろん、カバン類は破れにくい物ならどんなものでも望まれています。
インスタグラムでもこの記事を投稿しています。
→ こちら

エコバッグやハンドタオルも寄付

お買い物エコバッグ、必要以上に買い過ぎてしまって使われないままになってしまった物がある、、、そんなご家庭も日本では多いようです。
こういった簡易なバッグや手作りの手提げ袋なども、ある程度丈夫で破れにくい物でしたら使用できます。
持ち運び便利(*^_^*)
インスタグラムでもこの記事を投稿しています。
→ こちら

服や靴の寄付は家計を助ける

石と土の大地、草木が多い環境で暮らす子供たちは服や履物の消耗がとても早い。
外遊びやお母さんの手伝い、薪拾いや水汲み、農業の手伝いなども含めて外で過ごす時間も長い。
また、洗濯もゴシゴシ手洗いして天日干し。
日本の子供たちの10倍以上も早く衣類は消耗します(個人的な感覚です)。
日本円で考えるとわずか数百円~1000円程度でマーケットで売られている子ども服も、農村部の人々の所得はほとんどなく、1日200円~400円程度平均の所得しかない暮らしでは服を買う事もとても大きな負担です。
ほとんどが貧困ライン以下の生活(1日200円程度以下での暮らし)です。
わずかな所得は食べる事、生きるために使用する事が最優先で、日用品を買い続ける事は簡単ではありません。
例え一着の服の支援であっても、タオル1枚、靴1つの支援であっても人々の生活を助ける支援になります。
インスタグラムでもこの記事を投稿しています。
→ こちら

お買い物帰りのタンザニアのお母さん

お買い物帰りのタンザニアのお母さん。
後ろに2人の子、ハンドルに手さげカバン、頭の上には風呂敷で包んだ荷物を乗せて自転車を運転。
会話する余裕も(^^♪
普通の農村生まれ農村育ちのお母さん。
身体能力が高すぎ。
公道で日本ではやってはいけない事ですし、危ないので真似しないで下さい。
インスタグラムでもこの記事を投稿しています。
→ こちら

タンザニアで継続中の安全な水支援

タンザニアで継続中の安全な水支援。
村の方々の生活を支えています。
日本の皆様のご協力により、村の方々は川や湿地への水汲み作業から解放され、危険な地下水などの使用もしなくてよくなりました。
水汲み作業は、害虫に刺されたり、マラリアにかかったり、ケガをするリスクが高い作業でもあります。
支援開始以前は時間をかけて水汲みに行き、家に持ち帰った水はいくつかのタライやバケツに入れてしばらく置いていました。
大きな不純物は沈殿し、うわずみの水をまた別のタライやバケツに移して、それを煮沸して飲料水や料理用水としていました。
安全な水の継続支援は命を守る支援です。
現在、リベリアの村で安全な水支援のための設備を整備している途中です。
※安全な水とは、その国で使用が推奨されている水質の水。
それを担当している現地スタッフのニコラスが、4/30に「腸チフス」で入院しました。
今回は約2日間の点滴と注射で退院できる見込みですが、不衛生な水の使用により、非常に多くの方々がこの腸チフスの病気に苦しんでいます。
彼はまだ病院に行けるので幸い重篤な状況にはなりませんが、所得がわずかしかない人々は病院に行く事も簡単ではありません。
病気にならない事がとても重要です。
安全な水支援は、不衛生な水の使用による様々な感染症から人々を守る(病気リスクを大幅に軽減する)命を守る支援です。
ご協力ありがとうございます。
「安全な水支援」についての詳細はこちらをご覧下さい。
https://world--gift.com/water.html
インスタグラムでもこの記事を投稿しています。
→ こちら

ワールドギフト 寄付事例・海外画像など

ワールドギフトの公式SNSアカウントです。フォロー・応援をよろしくお願い致します。

Back to top

あなたの支援・ご協力が必要です!
WE NEED YOUR SUPPORT & COOPERATION

寄付金で支援
DONATION

詳細はこちらから

不用品で支援
REUSE

詳細はこちらから
COPYRIGHTS © 特定非営利活動法人 ワールドギフト ALL RIGHTS RESERVED