色鉛筆やクレヨンなど色が出る文房具

クーピーペンシル寄付
ブータンランドセル寄付

クーピーや色が出る文房具好き

クーピーペンシル好き

色鉛筆やクレヨンなど、色が出る文房具はとても望まれています。

1人の子が所有して使用される事もありますが、施設や学校などではペン立てに立てて、数人の子で共有して一緒に使います。

他の色鉛筆やクレヨンなども一緒にペン立てに立てて使ったりしますので、一色が無くなってしまった物や同じ色が2つあったりする場合でも使用できます。

インスタグラムでもこの記事を投稿しています。
→ こちら

ブータンの女の子、ランドセル寄付

ブータンの女の子、ランドセル姿かわいい♪
山岳地域では登山のようにキツイ山道を登ったり下りたりして登下校している子供たちが多くいます。
両手が自由に使えて、安全性に優れたランドセルは子供たちに最適な鞄です。
インスタグラムでもこの記事を投稿しています。
→ こちら

ブータンの女の子、ランドセル寄付

西アフリカ、トーゴの農村の若者「ジェラール君」。
彼は、4月12日に交通事故に遭い病院に運ばれました。
頭を打ち意識を失いましたが、約12時間後に無事に目を覚ましました。
命の危機が無くなりましたので投稿します。
この動画(前半部)は次の日の様子で、隣にいるのは彼のお母さんです。
動画の後半に2つの画像を載せました。
このジェラール君は23歳で高校生です。
農村部では家庭の事情などで継続的に学校に通う事が困難で有る事が多く、25歳くらいまでの高校生・・・という若者もいます。
写真1枚目。
ジェラール君には弟がいます。
赤い服の男性は現地スタッフのチブー、その隣にいる子がジェラール君の弟のジョセフ君です。
ジョセフ君は以前、食事の支援をしたことがある子です。
写真2枚目。
ジェラール君です。
過去(3月1日)に、服をプレゼントした時の写真です。
その時の投稿はこちら。
https://www.instagram.com/p/CL2x1NRsC3b/
動画部に戻りますが、意識を取り戻し無事であったジェラール君、その隣のお母さんはとても憂鬱な表情をしています。
ジェラール君は幸い、大きな外傷もなく、またこの事故により大きな後遺症を持つ事も無さそうであると医師に告げられました。
「息子が助かって嬉しい。」思いに喜んだあとですが、なぜこのような暗い表情をしていると思われますか?
・・・
伝えられた事は彼の治療費の事。
今回の治療費で200ドル程度かかるという事。
お父さんは既に亡くなっておられません。
母子家庭一家で、ジェラール君はまだ学生。
母はお金を稼げる仕事がほとんどなく、とても支払える金額ではありません。
男性が一生懸命1日働いても400円~600円程度の所得という農村部の生活。
日本の感覚で見ると、「たった2万円ちょっとで命が助かったのだから本当によかった」という事ですが、保険制度などもなく、返済の目途が立たない。
こういった事は珍しい事ではなく、貧しい生活の方々は場合によっては借金の利子を払う事もできずに借金はどんどん膨らんで行き、ただでさえ苦しい生活なのに若者が一生借金を背負って生きて行くことになる事も良くある事です。
今回はジェラール君は自分の事故のために背負う事になる借金ですが、両親のため、兄弟のために借金を背負う事もあります。
そんな将来を思い、ジェラール君の母は息子が回復した後でもこのような表情をされています。
多くの方々が貧困により苦労をされています。
全ての方々を助ける事はできませんが、縁あって助ける事ができるご家庭。
医療費を支援し、この費用とジェラール君が退院できるまで(数日程度です)の支援をしました。
医療支援については賛否両論あるかもしれませんが、いい加減な気持ちで行っている支援ではありませんので、ご賛同頂ければ幸いです。
日本の皆さまのご寄付・ご協力により、この家族は救われました。
ジェラール君は回復すれば、また学校に通う事ができます。
将来は働いて、母や弟たちを養う事もできます。
また、ご家族が笑顔で暮らせる日常に戻った後に、元気な姿を載せる事ができましたら(*^_^*)

(頂いたメッセージから)
無知で申し訳ありませんが、純粋に、単純に疑問です。
医療支援の何が、どこに賛否の否があるんでしょうか?
賛同の気持ちはわかるんですが、否の意見がわかりません、単純に知りたいです。

ありがとうございます。
例えば、ワクチン支援などですと何らかの副作用を伴う可能性がゼロではないというリスクがあるといったご意見を頂く事がありました。
やはり見て頂く方それぞれ思われる事は異なると思いますので、そういったご意見があっても仕方が無いと考えております。
インスタグラムでもこの記事を投稿しています。
→ こちら

ブータンの山岳の学校を支援

ブータンの山岳の学校を支援。
子供たちの学校生活、教育に日本の皆様の物品が役立っています(*^_^*)
「日本のみなさんありがとう。
子供たちはとても幸せな気持ちになりました。」
(頂いたメッセージから)
子供が学校で使っていた防災頭巾などは使い道はありますでしょうか?

防災頭巾としての用途で使用されないかもしれませんが、過去には何度か防災頭巾も衣類などと一緒に寄付させて頂いた事があります。
インスタグラムでもこの記事を投稿しています。
→ こちら

紙おむつやベビー用品を寄付

小さな子がいるご家庭や、体が不自由な子がいるご家庭では、紙おむつやベビー用品の需要が多くあります。
所得がほとんどない、わずかしかないご家庭では、日用品を購入し続ける事がとても大きな負担になっています。
病気やケガをした時に病院に行けるように、少しでも健康的な食生活ができるように。。。
消耗品・日用品の支援は家計を助ける支援になります。
紙おむつや生理用品は、開封して少し減った物でも清潔に保たれていれば使用できます。
小分けして配布する際などに使えます。
インスタグラムでもこの記事を投稿しています。
→ こちら

ワールドギフト 寄付事例・海外画像など

ワールドギフトの公式SNSアカウントです。フォロー・応援をよろしくお願い致します。

Back to top

あなたの支援・ご協力が必要です!
WE NEED YOUR SUPPORT & COOPERATION

寄付金で支援
DONATION

詳細はこちらから

不用品で支援
REUSE

詳細はこちらから
COPYRIGHTS © 特定非営利活動法人 ワールドギフト ALL RIGHTS RESERVED