食糧支援や日本で沢山処分され続けている十分に使える物たち

食糧支援や日本で沢山処分され続けている十分に使える物たち

食糧支援や日本で沢山処分され続けている十分に使える物たち

子供がいるご家庭に食糧支援

トーゴの村の子供がいるご家庭にわずかながら食糧をプレゼント。
村で協力して行うわずかな農業の他、所得が無い、仕事が無い農村部では食料の購入さえも簡単ではない暮らし。
1日2食の食事を毎日欠かさず食べれるようになりたい、、、子供たちの願い。

ガンビアの井戸水について

西アフリカの小さな国、ガンビアの村です。
村人たちの生活を支える井戸水は今日もしっかり使われています。
遠くまで水を汲みに行かなくても水が使えて便利。
村の人々には欠かせない井戸です。
・・・・ しかし、この水は安全な水ではありませんでした。
人々の健康を脅かす危険な水。
現地の支援団体が行った水質調査で、この水には飲料や料理用水としての基準を満たさない32種類の化合物が検出されました。
見た目はほぼ透明、味は少し辛い味、、、、 「この地域の地下水は飲料水や料理用水には使用すべきではない水である」
それを知りながらも人々は井戸水・地下水を使用し続けています。
ここだけではなく、アフリカ大陸のほとんどの農村部の方々がこういった危険な水であっても使用しなくてはならない状況にあります。
不安定で大きな労力を必要とする、川や湿地への水汲み作業と比べると、水が豊富な井戸がある事は幸福な事と考えられています。
井戸の開発にはとても大きな費用がかかります。
また、開発後も水質の変化を常に調査し続け、管理し続け、そして危険な水に変化した時には使用を止める事ができなければなりません。
しかしお金がない人々、大金を使って設置したスポンサーが、大雨が降ったり、動物の糞尿や農薬が混ざったり、よくわからない油分が浮いて来たり、、、、安全では無い水になった瞬間に使用を止める事はとても難しい事です。
簡単に変わってしまう水質を、毎月のように水質を管理し続けている方々もほとんどおられません。
作っておしまい、あとは勝手に使って下さい、、、、そんな支援で作られた井戸が今日もアフリカ大陸の各地で人々の健康を脅かしています。
しかしそれでも井戸は地域の宝。
それがなければ人々は安心して水を得る事ができない生活をしなければならなくなります。
遠くまで、ケガやマラリアに感染するリスク、犯罪被害に遭うリスクを負って、長時間の水汲み作業をしなければならなくなります。
泥水や濁った水、井戸水以上に危険な水であっても使用せざるを得なくなってしまいます。
支援の目的によって手段が異なります。
現在世界の多くの団体が行われている井戸水の支援では、多くの人々が安定して水を得る事ができる、生活から水を得れなくなるという不安を解消する事ができる広く浅い支援。
ごく一部の井戸は水質を継続的に管理され、素晴らしい支援を継続されていますが、大半は危険な水。
ワールドギフトが行う水の支援の目的は「安全な水」を継続して支援する事です。
その国で料理用水としての使用が推奨されている基準を、常に満たしている清潔な水を支援する事が目的ですのでリスクが高い井戸作り支援は行わない方針です。
安全な水を支援し続け、一度支援を開始した人々には二度と不衛生な水を飲まなくて良いように、水の摂取による感染症など病気になるリスクを無くし、命を守る支援を行う事が目的です。
現在、ウガンダ、ガーナ、タンザニア、シエラレオネ、ザンビア、リベリアで継続支援中です。

ガーナの村を支援

ガーナの村を支援
子供たちも喜んでくれています(*^_^*)
画像途中で出てきますが、クレヨンや色鉛筆は中古品(使いかけ)であっても使用できます。
バラバラにならないように、、、なるべくビニール袋ではなく少しテープで止めて頂くか、輪ゴムで止めて頂けると扱いやすくなります。
服、おもちゃ、靴、文房具、子供たちはプレゼントをもらえるような機会が日常生活ではほとんどありませんので、こういった機会は子供たちにとってずっと忘れない大切な思い出になります。
ディズニーランドやUSJなどで購入される方が多い被り物やかわいい帽子など、実用的ではない物でもカワイイ物や珍しい物も大好きです♪
生きて行くために必要な物だけが欲しいのではなく、あっては困る物で無ければほとんどの物が欲しい物です。
頻繁に記載しておりますが、自分が使わない物でも親族や地域の仲間など誰かが使える物やいつか使えるかもしれない物は何でも欲しい物です。
100円均一に売ってるから、、、、日本ではいつでも簡単に手に入る物かもしれません。
ですが、所得がわずかしかない生活、何でも簡単に買う事ができない生活では、ある物を役立てる、、、、いろんな物があった方が良いです。
かわいい弁当箱は、綺麗な石やビー玉などを入れておく宝箱になっている事もあります。
ボロボロに着古した服は紐で縛れば子供たちが遊べるボールにもなります。
割れない食器やスプーンなどは、子供たちの砂遊びの道具としても使えます。
ある物を役立てる生活、、、物を大切にする生活。
大人たちにも服や履物、バッグなどはもちろん、調理器具の需要が多くあります。
鍋やフライパン、ザル、ボウル、トング、ピーラー、カトラリーなど。
日本の皆様の物品は、今日も誰かに喜ばれています(*^_^*)

フィリピン支援

フィリピン支援。
約100枚の画像を、4つに分けて投稿させて頂きました。
写真を見て頂くと、少し汚れていたり落書きがあったりする物はあっても、どの物品もまだ十分に使える物である事がわかります。
持ち主の方が選択された「手放し方=再利用」によって、日本で役目を終えた物たちはもう一度活躍する事ができます。
また誰かの宝物になれるかもしれません。
でも、そんな物たちが、、、、
日本では毎日沢山ゴミとして処分され続けています。
もったいない・・・
中には購入されてから一度も使われる事もなく、一度も誰の役にも立つこともないまま、処分されて消えて行く物も・・・・
もったいない日本、物を粗末にし続ける日本、ずっとこのままで良いのでしょうか。
無駄にしたくない、、、喜ばれる支援活動を行うために、できるだけ多くの物達を役立てて行きたいと思います。
子供たちはおもちゃやぬいぐるみが大好きです。
子供たちが喜ぶと、お母さんやお父さんも嬉しくなります。
小さくても、幸せな気持ちを沢山生み出せる、とても貴重な日本の「まだ使える不用品」
(頂いたコメントから)
いつも見ています。
質問なのですが、
①ブラの需要はありますか?
サイズが変わったので、買い替えましたが、以前のものもまだ使える状態です。
②キッチンで使う水切りマットの需要はありますか?
布類なので、何かに使えればと思ったのですが、用途が思いつかず…
このような支援をもっと早くから知っておきたかったな、とよく思います。
私の手放すものが、誰かの宝物になればいいなぁ✨

関心を持って下さりありがとうございます。
ブラジャーはとても需要があります。
もちろん中古品で結構です。
集まり難い物品ですのでぜひお願い致します。
また、水きりマットも足ふきマットなども、段ボールに入る程度までのサイズのほぼ全般的な敷物に使える物は使用できます。
大きな絨毯などは洗ったり干したりしにくいのであまり望まれませんが、シーツや布団カバー、敷パッド、ブランケット、、、不潔な状態でなければトイレマットや玄関マットも出来る限り扱わせて頂きます。
たくさん集まる物ではありませんので、同梱して頂いて結構です。ご検討をよろしくお願い致します。

こんにちは!いつも拝見しております。
女児用150センチの甚平がありますが、需要はございますでしょうか?

はい。甚平や浴衣はとても喜ばれている物品です。数が集まりにくい物品ですのでぜひご協力よろしくお願い致します。

お返事ありがとうございます。浴衣も何点かあります。帯などのセットにして、包装した方がいいですか?

はい。もし紙袋などにセットをまとめれるなら、そうして頂けると扱い易いですありがとうございます。

ありがとう日本

THANK YOU.
ガーナの村の子供たち。
日本だけでなく、世界各地で経済が悪化し生活は苦しくなっています。
貧しくても、、、日本の皆様のご支援は子供たち・大人たちを明るい笑顔にしてくれます。
日本でゴミとして捨てられてしまえば、その不用品は何も良い事を生み出さない。
ですが、捨てられなかった日本のまだ使える不用品には世界の人々を幸せな気持ちにできるパワーがあります。
貴重な資源だと思います。

日本で沢山処分され続けている「まだ十分に使える」物たち

日本で沢山処分され続けている「まだ十分に使える」物たち。
その多くは、日本でなければ捨てられる事が無い物たちでもあります。
世界各地の人々(ワールドギフトが関わる人々)にとって、今必要な物だけが欲しい物という訳ではありません。
物が不足する人々、所得がわずかしかなくて欲しい物が簡単に買えない人々にとって、、、、
「1年のうち、使える時期が少しでもある物は欲しい物」
「我が家で使わなくても、親族や地域の仲間たちの誰かが使えるかもしれない物も欲しい物」
「いつか何かに使えるかもしれないと思う物も欲しい物」 です。
日本の感覚では、必要な物だけを届けてあげたいと考えがちですが、一度に大量に一方的に送り付けるような支援であれば、それはその通りです。
年に一度か二度、大量にイベントのように集めて物品支援をするような方法では、特に注意が必要です。
ですが、ワールドギフトではそういった一方的な支援を行っておりません。
各地の方々と日々コミュニケーションを取っております。
繰り返し継続する支援を前提として行っておりますので、「これは送らないで欲しい」「これは欲しいという人がいない」 といった現地からの不要であった物の報告は即座に受けとって調整しています。
初めて届ける不要かどうか迷う物は事前に送って良いかどうかを確認できますし、不安がある物品は少量しか含めずに届けるようにしております。
それで不要である、又はもっと欲しい、あったら困る、あっても困らない、、、と連絡があれば、今後の仕分けに役立てられます。
⁡逆に言うと、法的に輸送できない物は例外として、使えるかどうかわからない物も少量であればまず取り扱ってみる事ができます。
⁡事前に現地に問い合わせながら、テスト使用していく事ができますので、迷った物は再利用できるかもしれないと検討して頂きたいと考えております。
⁡日本の皆様にお伝えしたい事は、上にも記載させて頂きましたが、「必要な物だけが欲しい物では無い」という事です。
⁡例えば、高齢者しかいないご家庭にはベビー用品や子供のおもちゃは不要であると思われるかもしれません。
⁡これは正しい事ではなく、思いこみ・決めつけになります。
⁡孫が生まれた時にプレゼントにする事ができます。
⁡親族以外でも地域の方々や知人のご家庭に赤ちゃんができればプレゼントする事ができます。
⁡孤児施設にキッチン用品や調理器具、エプロン、スーツやオシャレな大人サンダルなどが不要だと考えられるかもしれません。
⁡これも正しい事ではありません。
施設で使わない物は、近隣住民の方々や施設の子供たちに関わって下さる方々へのプレゼントに使用して頂く事ができます。
施設と地域の方々との良好な関係作りに役立ち、子供たちが安全に良い環境で暮らす事に役立つととても喜ばれています。
⁡食べ物に困った時に、地域の方々がお裾分け、、、助けてくれたりする事もあるそうです。
⁡御提供いただく物品は程度が良い物でなくても構いません、「程度が悪すぎない物」であれば結構です。
⁡ご質問頂いた際に「それはなるべく避けて頂きたいです」と、回答せざるを得ない場合もありますが、物品を絞って行くのではなく、なるべく幅広く様々な物品を扱わせて頂きたいです。⁡
試行錯誤を繰り返しながら、日本の皆様のできるだけ多くの「まだ使える不用品」を再利用し、喜ばれる支援に役立てて行きたいと思います。
⁡現地の方々は「できるだけ多くの物品が欲しい」「できるだけいろんな物が欲しい」 と望まれています。
⁡決して、「服と靴だけが欲しい」「一つか二つだけで良いから良い物・高価な物だけが欲しい」 などと望まれていません。
1000個の同じ物品よりも、1000種類の物品が一つづつある方が望ましいです。
⁡ワールドギフトは非営利活動法人です。
⁡無限に何でも理想的な大きな支援が出来る訳ではありませんが、見返りを求めない純粋な支援・望まれている支援を繰り返し行う事ができます。
⁡今後とも継続的なご協力をよろしくお願い致します。

ザンビアで継続中の「安全な水」支援

ザンビアの村人たちを支える「安全な水」支援。
この村では現地パートナースタッフのカーティスが、村人たちと共に決めたルールを守り、水を大切に使用されています。
「安全な水」支援は、今も順調に村人たちの健康的な生活を支えています。
時々掲載させて頂いておりますが、アフリカ大陸(特に都会部ではなく農村部)では、料理や飲料水として清潔な水を使用できるかどうかは命に係わる人生最大の問題の一つです。
不衛生な川や湿地、井戸水の使用による健康被害は甚大で、清潔な水を使用できない生活をされている多くの方々が水が原因となる病気を抱え、苦しみを抱えた生活をされています。
⁡この村の水を管理するのは児童施設長でもある現地スタッフのカーティス夫妻。
⁡彼らは村人たちからの人望も厚く、多くの孤児や貧困家庭の子供たちを助け、村人たちのために水の管理も行ってくれています。
⁡村人たちと共に決めたルール。
⁡土曜日は水を分け合う日。
⁡タンクの水は随時給水車両を段取りして補給し、水が古くなりすぎないうちに使用するように管理しています。
⁡村人たちには、家族構成ごとに事前に決めた量の水を配分して使用して頂いています。
⁡病気や高齢のために給水に来れないご家庭の水も、協力し合って補給し困らないように届けられています。
⁡土曜日以外は緊急で必要な際も使用できます。
⁡安全な水とは、その国で使用が推奨されている基準を満たしている質の水。
⁡日本の皆様のご支援・ご協力により、村人たちの健康的な生活に貢献する事ができます。
⁡ありがとうございます。

靴やサンダルの寄付

砂、石、草、木、、、、足場が悪い生活環境で、外で遊びたくさん歩いたり走ったりする生活では、靴やサンダルはとても重要な物品です。
特に簡易なつくり、安価なサンダルを履く生活では壊れてしまいやすく、沢山あればあるほど助かる物品です。
プール用のビーチサンダルや、室内用に使用された物でも、底面がある程度丈夫な物でしたらぜひ再利用をご検討下さい。
大人用の履物も募集しております。
スーツ着用時に使うような革靴や、女性用のオシャレなヒールがあるような履物も使用できます。
ご協力をよろしくお願い致します。
(頂いたコメントから)
使用済みの上履きシューズは再利用できますか?名前の部分を黒ペンで塗りつぶしても大丈夫でしょうか?
→はい。
塗りつぶして頂いて結構です。上履きはサンダルよりも丈夫で子供たちの足を守れる靴です。

ザンビアでの「安全な水」支援は、今年1月に開始した支援です。
毎週決めた曜日に水をみんなで使用する。
家族構成に合わせた取水量を決めてみんなで決めたルールに従って使用する。
緊急を要する時は現地スタッフのカーティスに連絡後、必要な取水を行う。
タンクは男性たちが交代で清掃を行う。
などなど。
二度とこの村の方々に、不衛生な水を飲まなければならない生活をして欲しくない。
継続的に安全な水質の水を提供し続ける支援、責任を持って行っております。

ワールドギフト 寄付事例・海外画像など

ワールドギフトの公式SNSアカウントです。フォロー・応援をよろしくお願い致します。

Back to top

あなたの支援・ご協力が必要です!
WE NEED YOUR SUPPORT & COOPERATION

寄付金で支援
DONATION

詳細はこちらから

不用品で支援
REUSE

詳細はこちらから
COPYRIGHTS © 特定非営利活動法人 ワールドギフト ALL RIGHTS RESERVED