あなたの不用品が子ども達の命を救い地球環境を守ります
あなたの不用品が子ども達の命を救い地球環境を守ります
 

寄付物資の集荷事例と募金・支援活動

このページでは皆様から集荷させて頂いた物資を紹介させて頂きます。 また私達が募金・寄付で支援させて頂いている、環境保護・災害支援(大震災等)・食糧支援・医療支援等を行われているNGO・基金等についても、紹介させて頂きたいと思います。





寄付物資の集荷事例と募金・支援活動



















いつもワールドギフトのホームページをご覧頂き、ありがとうございます。

中米のニカラグアの地方都市で貧困家庭に住む子ども達への学習支援を行う(学校のような)施設に物資の寄付を行わせて頂きました。
こちらの施設(NGO団体)は設立者と財務担当こそアメリカ人、スペイン人ですが、普段の運営はニカラグア人によって行われています。
地域に密着(と言うより地域の人間で)運営されています。
※現地画像はクリックすると大きく見れます

ニカラグアのこの地域の貧しい家では屋根や壁がビニール(日本の黒ゴミ袋)素材で作られているうちも多く、雨が降ると ノートや教科書など何もかもがボロボロになってしまいます。
このような状態ではありますが、学校と医療は国の全額負担なので、家業を手伝ったりしながらも学校へいっている子が ほとんどです。

また、通学用のカバンはナップサックや簡易の不織布でできた手さげ袋を使っている子も多く、すぐにカバンはダメになってしまい、 文具やノート類まですぐにボロボロになってしまいます。

「丈夫で安全なずっと使える自分のカバンを持たせてあげたい」と現地のNGO団体より私たちワールドギフトにご要望を頂いた事をきっかけに ニカラグアへの寄付支援を開始致しました。

今回、ランドセル、ボールペンや鉛筆などの文房具(学用品)、折り紙やおもちゃ(玩具類)、 紙コップやタオル・マスクなどの日用品、ぬいぐるみ、子供服などを寄付させて頂きました。
貧困世帯の子ども達全員のランドセルを一度に準備する事ができなかったため、こちらの地域には今後も継続して支援を続けさせて頂く事を お約束させて頂きました。
※下方に今回寄付させてい頂いた物資の一部を掲載
ニカラグア・・・正確な場所は知りませんでした。
場所はパナマ運河のあるパナマの2つ北側の国(パナマ ⇒ コスタリカ ⇒ ニカラグア)でした。
首都はマナグア、人口は約608万人(日本では千葉県の人口と近い)です。


















寄付実績&NEWS

お問い合わせ
  • ■2017年10月
  • WWFジャパン(世界自然保護基金)に寄付しました
  • ■2017年10月
  • 日本赤十字東日本大震災支援 に寄付致しました
  • ■2017年10月
  • JCV(ワクチン募金)に寄付しました
  • ■2017年10月
  • 国際連合世界食糧計画WFP協会 に寄付しました
  • ■2017年10月
  • ドイツ国際平和村 に寄付致しました
  • ■2017年10月
  • 交通遺児育英会 に寄付致しました
  • ■2017年10月
  • 国境なき医師団 に寄付しました



フッターナビゲーション

2017.10.6 更新